読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブをもっと生かせないか?社会起業支援サミット2009 in 神奈川に参加してみた。

先週末に社会起業支援サミット2009 in 神奈川に参加した。ビジネスモデル視察。

企業にはそもそも社会貢献の要素がある。「働く」とは「傍」にいる人を「楽」にすることとよく聞く。確かに、そういう要素がなければ続かない。

しかし今、社会起業という言葉があふれているのは、自分本位なビジネスが多いというイメージが世間にあるからだと思う。

このイベントは学生が中心となって進めてて
市民が「社会起業家」と協働するチャンスを作るイベントだそうです。

僕は慶応大学に行って、神奈川県にある10社ぐらいの組織説明を聞いた。

社会起業というよく分からない言葉を人々に意識させる。そのミッションは達成したと思う。しかし、協働するチャンスはできてないように思う。

というのも、どうコミットしていいのか分からないのです。

人的支援が必要なのか、お金がほしいのか。お金を渡せば、それがどういう形で帰ってくるのか。たとえば、こういう形で報告しますとか。

団体としてのコミットメントがまったくなくて、組織紹介してるだけ。
だから、こんなことやってるんだあ。で終わってしまった。面白かったけど、4時間30は長くて疲れた。だから懇親会は不参加。

運営はなりたってなさそうな団体がほとんどでした。スピーカーの粒も違った。
僕は生活するためにビジネスとして見に行ったので、ボランティア要素が強すぎるとコミットできない。
ついつい投資対効果を考える。
時間やお金を投資すると、その効果が知りたくなるのは当然で。それはもしかすると社会貢献しているという満足感かもしれない。また、その投資のおかげでこうなったよ。という嬉しい報告かもしれないし、何にも変えがたい貴重な経験かもしれない。

たくさんのボランティア団体がある中で、自分たちを支援してもらうには、それなりのプレゼン能力が必要だ。

少ない時間の労働力提供なら、コミットできるかもしれない。それが分からなかったので、求めていることをもっと明確に話してくれたらいいのに、と残念に思った。

その中でいくつか興味持った団体とは名刺交換をした。ウェブサイトがない組織もある。そういうのをちょっとお手伝いできたらな。と考え中。

東京や埼玉はこれからなので、興味ある方は入ってみては?

スピーカーは各都道府県の人。だから、東京や埼玉の場合は、ぜんぜん違う人がでる。

以下、神奈川で話していた人の一部

ユナイテッドピープル株式会社
ゲスト出演の人。ちょっと話を聞きたかったが、最後に見つからなかったので断念
http://www.unitedpeople.jp/

特定非営利活動法人オープンソースソフトウェア・シティ
日本で購入されるパソコンが年間1000万台。日本で破棄されるパソコンが年間1000万台。破棄されるパソコンを安く買い取って、オープンソースをインストールして、安く売るビジネスモデル。パソコンの再利用。不要なパソコンがあればこの団体に売ってあげてください。
http://www.oss-city.or.jp/

ネパリ・バザーロ
ネパール産衣服のフェアトレード。たまたま僕の前に座っていたので雑談タイムにいろいろ聞いた。現地での品質をあげるために、10年かかったと言ってた。ネットより通販のほうが売れているらしい。
http://www.nbazaro.org/indexj.htm

ベイ・ウィンド環境ヨコハマ推進協会
横浜ベロタクシー。なんか聞いたことあるビジネスモデルだな。と思ってセミナー中にポッドキャストを一緒にやってる田中さんにメールしたら、彼の友達だった。
声をかけたら、アリガチリスナーだった。そして、そのとき僕はアリガチTシャツを着てた。笑。世間は狭い。
http://www.velotaxi-yokohama.jp/

湘南サドベリースクール
教えない教育方針サドベリースクール。調べたら日本は4箇所。西宮にもあった。人は潜在的に学びたいという気持ちがある。だからこの学校では授業はない。ずっと休み時間。学びたければ子供は勝手に学ぶ、というポリシー。
一理あるが、実際どうなのだろう。
http://shonan-sudbury.org/