読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Googleドキュメントのアンケート作成機能を使って、サクッとお問合せフォーム作成

Googleドキュメントでエクセルやワードファイルを共有している人は多い。でも、Googleドキュメントにあるフォーム作成機能が案外知られていない気がする。

世の中、小さなフォーム案件はあちこちで存在している。少し汎用的なソースを作って、うまくやってる会社もあるし、毎回頑張っている会社もある。CMSを入れてたら、プラグインとかでサクッと入るし、ASPだってある。いろんな方法があるのに、なんか非効率なことをしてるなあと思うことがしばしばある。

そんな中で、Googleドキュメントでお問合せフォームは便利だ。お問合せフォームでコツコツ稼いでいた会社は仕事を奪われちゃうとは思う。

フォームを作るときは、Googleドキュメントにログインして、新規作成からformを選択する。
f:id:ramen4423:20091211233127j:image

そうするとフォーム作成画面がでてくる。ここで感覚的に入力していけばフォームが簡単に作れる。

問い合わせがあると、設定したメールアドレスにメールが飛んできて、Googleドキュメントのスプレットシートにデータがたまる。デザインの自由度が欲しいと思う場合は、フォーム部分をソースをインラインフレームで埋め込む方法でやればいい。

フォームの「ウェブページにフォームを埋め込む」を選択すると、iframeタグが出てくる。
f:id:ramen4423:20091211233128j:image

それを自分が作ったページに埋め込むとデザインの制約もかなり減る。

問題点はアクセス解析だ。Wordpressのフォームプラグインやこのフォームもそうだが、確認画面がないフォームが最近多い。確認画面はコンバージョンを下げるだけで不要という考え方なんだと勝手に解釈しているが、そうするとボタンのクリックを計測しないと解析ができない。
だけど、iframeタグを入れるだけなので解析タグを埋め込めないのだ。ここが改善されれば完璧だと思う。

あと、セキュリティとか言う話が出てくることもあると思うが、いずれなくなると思う。ASPに抵抗がある場合は、お問い合わせフォームのワイヤーフレームとして使うのもアリだと思う。

フォームは奥が深い。このようにサクッと作るべきか。コンバージョンに繋がる一番重要な箇所として力を入れるか。
それはプロジェクトの中のフォームの位置づけで判断しないといけないが、基本的には頑張るところだと思っている。