プロボノというイベントに参加。ウェブ制作はボランティアになるのか?

ウェブ業界もプロボノ?
その後、プロボノを始めました。プロボノブログ

Googleドキュメントのアンケート作成機能を使って、サクッとお問合せフォーム作成

Googleドキュメントでエクセルやワードファイルを共有している人は多い。でも、Googleドキュメントにあるフォーム作成機能が案外知られていない気がする。

世の中、小さなフォーム案件はあちこちで存在している。少し汎用的なソースを作って、うまくやってる会社もあるし、毎回頑張っている会社もある。CMSを入れてたら、プラグインとかでサクッと入るし、ASPだってある。いろんな方法があるのに、なんか非効率なことをしてるなあと思うことがしばしばある。

そんな中で、Googleドキュメントでお問合せフォームは便利だ。お問合せフォームでコツコツ稼いでいた会社は仕事を奪われちゃうとは思う。

フォームを作るときは、Googleドキュメントにログインして、新規作成からformを選択する。
f:id:ramen4423:20091211233127j:image

そうするとフォーム作成画面がでてくる。ここで感覚的に入力していけばフォームが簡単に作れる。

問い合わせがあると、設定したメールアドレスにメールが飛んできて、Googleドキュメントのスプレットシートにデータがたまる。デザインの自由度が欲しいと思う場合は、フォーム部分をソースをインラインフレームで埋め込む方法でやればいい。

フォームの「ウェブページにフォームを埋め込む」を選択すると、iframeタグが出てくる。
f:id:ramen4423:20091211233128j:image

それを自分が作ったページに埋め込むとデザインの制約もかなり減る。

問題点はアクセス解析だ。Wordpressのフォームプラグインやこのフォームもそうだが、確認画面がないフォームが最近多い。確認画面はコンバージョンを下げるだけで不要という考え方なんだと勝手に解釈しているが、そうするとボタンのクリックを計測しないと解析ができない。
だけど、iframeタグを入れるだけなので解析タグを埋め込めないのだ。ここが改善されれば完璧だと思う。

あと、セキュリティとか言う話が出てくることもあると思うが、いずれなくなると思う。ASPに抵抗がある場合は、お問い合わせフォームのワイヤーフレームとして使うのもアリだと思う。

フォームは奥が深い。このようにサクッと作るべきか。コンバージョンに繋がる一番重要な箇所として力を入れるか。
それはプロジェクトの中のフォームの位置づけで判断しないといけないが、基本的には頑張るところだと思っている。

Googleで小規模プロジェクトを最適化。サイト構築がGoogle依存してます

最近は、小規模プロジェクトが始まるとGoogleグループを立ち上げて、Googleドキュメントでファイル共有することから始まる。Yahooグループはメールがすごい遅延するし、サイト自体ごちゃごちゃしてる。hatenaグループはGoogleより使いにくいので、僕はGoogleグループを使っている。難点はアップロードできるファイルサイズが1つ10MBが上限の点だが、それは仕方ないと我慢している。
グループを一般公開すると、やりとりが丸見えになるが、そこからアクセス数が増えるので、それを狙う場合は、グループをしっかりカテゴリに登録しよう。

市場調査には、Google Insights for Search、Google トレンド、Google AdWords : キーワード ツールもよく使う。

その後は、Google sitesワイヤーフレームを作って、要件が決まったら、何かCMS入れてサイトを作る。

Google sitesの自由度が上がれば、このCMSへの移行はなくなるだろう。もし、Google sitesで完結するようになると、他のCMSへの影響は大きそう。

お問い合わせフォームはGoogleドキュメントのフォームで十分。今はまだAnalyticsと連動してないようだが、ここが連動すると完璧。もし、フォームの分析を重要視するなら、phpで設置。

サイトができたら、CMSで全ページにGoogle AnalyticsコードとGoogle Adsenseを入れる。そして最後に、GoogleウェブマスターにXMLを送る。

小規模なプロジェクトはこのフローが一番効率がいい!50ページぐらいまでで関係者が5名ぐらいならこのワークフローがおススメ。

プロジェクトにメーリングリストが必要なわけ。プロジェクト最適化のためコミュニケーションを最適化するべし

僕はプロジェクトが始まるとメーリングリストを作るのは絶対マストだと思う。なのに、なぜかこの気持ちが伝わらないことがある。そして、メリットをまとめてくれ。と言われる。。
現在のウェブ制作の現場において、何割ぐらいの会社がメーリングリストなしでやっているのだろう?

プロジェクトに必要なコミュニケーションはほとんどメールで行う。PMやディレクターと呼ばれる職種の人はメールばっかり書いてる。だからメールにルールを持たせる。人力ではなく機械的に。

メーリングリストではなくメールを転送するメールエイリアスの場合もあるが、絶対メーリングリストにするべき。もしくは、単純な転送ではなく、間にプログラムをかまして、最低限連番やプロジェクト名を入れる。

  • メールタイトルに連番やプロジェクト名が入れられる。プロジェクト名が自動で入るだけでどんなに楽か。
  • ローカルのメールが壊れてもメールアーカイブがサーバーにある。
  • プロジェクトに途中から参加する人が出てきたときに、いちいち転送しなくていい。
  • メールのあて先を考える時間がカットできる。
  • 振り分け設定が容易
  • あて先の抜け漏れがなくなる
  • 他のプロジェクトのメールアーカイブが見れる。

すごい普通のことだが、今はこれに共感者がいない。

多言語ウェブサイト構築に四苦八苦 googleにインデックス化されない!

f:id:ramen4423:20091212092226p:image

似顔絵さがその英語サイトをリニューアルした。
Search Portrait

サーバーをロリポップからcoreserverに移行した。ロリポップのときはよくサーバーがダウンしてたけど、これでマシになるはず。ほんで、プログラム文字コードとデータベースの文字コードをUTFに変更。かなり昔に作ったので、DBもプログラムもHTMLも全部がEUCでした。ついでに、コメント機能も追加した。

他は、ドメインをディレクトリからサブドメインに変更。今までは、

nigaoe-sagaso.com/が日本語サイトで
nigaoe-sagaso.com/enが英語サイトだったけど、

英語サイトをen.nigaoe-sagaso.com/に変えて、analyticsの解析を別々に設定。

それで、lang="en"にして完璧だと思ったら、英語ページがgoogleにインデックス化されない!!

調べていくと.comドメインに対して複数言語設定することを、googleは認めてないとか!ほんまか?wikipediaできてるやん。orgはアリなのか?

もちろん、サイトマップXMLは送信してるし、やるべきことは全部やったつもり。

インデックス化されないと全く意味ないので、lang="ja"に戻したらトップページだけインデックス化された。謎だ。

多言語サイトのノウハウはやっぱり欲しい。とりあえずはいろいろ作るぜ。

ただいま、韓国語サイト製作中。データベースの人名はだいたい出来てるから、仕上げのエキサイト翻訳で完了だ。英語サイトもエキサイト翻訳を乱用しています。韓国語サイトができたらネイバーに登録申請して、様子見です。

翻訳サイトを作るのが目的ではなくて、その言語圏の検索エンジンから流入するようにしないとダメ。この手のナレッジを共有できる人を募集中!

WebSig会議 「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」

f:id:ramen4423:20091102231622j:image

久しぶりにWebSig行きました。今回のテーマはブログタイトルのとおり。

環境や身近な社会問題への関心が高まるなか、インターネットやWeb屋ができることは?
いつもとちょっとテーマが違うせいか、参加者の顔ぶれもいつもと違う感じがしました。

ゲストスピーカーの1人に「サービスグラント」の方がいました。これはボランティアを「したい側」と「される側」を繋ぐウェブサービス。自分のスキルをサイトに登録しておくと、運営側がプロジェクトに合ったグループを勝手に作って、登録者に連絡する。そして、そのグループで何かのNPO団体を支援するという仕組み。参加者はプロジェクトを選べず、拒否権のみ持っている。

ビジネスモデルは、運営コストは助成金、参加者は完全ボランティアだった。うむう、やはりそうなるのか。という感じ。ボランティアのモチベーションは達成感と、異業種のつながり。運営者の人と話したら、共感することが多かったので、スキル登録はしてみた。

その後は、塚田寛一さん(4good)市川裕康さん(NetSquared)の話。4goodはもうちょっと使ってみよ。
そして、いつものワークショップ。ワールドカフェ。

テーマは

身の周りの社会問題をウェブでどう問題解決できるか。みたいな感じだったはず。

そこで出た意見で印象に残っていたものを自分なりに解釈すると、

  1. 恵まれてるから恵まれていることに気づかない。だから、公共事業に取りくもうなんて、全く思わない人が大勢いる。でも、実は日本ヤバイよ。
  2. ネット成功体験の格差が、情報格差を生んでいる。これはそのとおりだと思った。
  3. 音声認識に期待。おじいさんが、音声対応twitterに、ゲートボールなう。と入れる。それに孫が、頑張って、と返す。それぐらいアプリケーションのインターフェイスが発達すれば、利用者が増えて、可能性も広がる。これってよく考えたら、単に時間の問題なようがします。僕らが爺になるころには余裕でできてそう。
  4. 立地に根付いたコミュニティがもっとあったほうがいい。先輩が自分が住んでいるマンションにSNSを入れて管理している。ネットは距離をゼロにしたコミュニケーションを可能にするが、リアルとの連携を考えると距離が近い人たちのコミュニティをもっと増やしたほうがいい。近くに住んでいる人の顔が見えればリアルの地域コミュニティも活性化するだろう。


社会起業について興味があって、ヒントを探しに参加した。刺激はもらったがやっぱり複雑な問題だな。と強く感じた。

ネットはコミュニティを作るが、既存のコミュニティを潰しているのも事実。いろんな行動をグループではなくて、個人単位にした。ネットリテラシーがあれば、今まで以上にいろんなコミュニティにリーチできるが、そうでなければ、その恩恵は受けれない。(これはこの業界にいる人の一方的な意見かもしれないが。。)


そして、一番の問題は、やりがい重視で、みんなが自分の労働力を無償で提供するようになること。そうすると、その業界は潰れる。僕はそれが嫌で、友達価格を要求してくる仕事を昔はよく断っていた。

業界を潰すから。と

でも、ある時に、これはもう止められないな。と諦めた。原価がほとんどかからない、知的生産物の価格は言い値だ。誰かが無料で始めれば、相場は下がる。

やりがい重視の制作業は全部そうなっている。ライターもカメラマンも同じ。演劇や映像製作だって、それだけで食べれない人が大勢いる。

しかし、危惧したところで、これからやりがいを重視したウェブ制作の仕方は増えていくだろう。そうすると、今後はそこにも競争が生まれる。無料でやる人が10人いれば、その中で一番いい人にお願いするだろう。

マイクロファイナスに投資するときは、一番健全な運用がされている団体を選ぶだろう。ボランティア側も理念だけじゃなく、競争になる。同じようなボランティア団体が星の数ほどある。理念でなく、助成金を取るのがウマイ組織が生き残るなんてことにもなる。

業界を守るのであれば、業界で力のある人たち、もしくは行政がその業界が壊れないようにしないといけないのだが、残念ながら、クリエイティブの業界ではそれはできない。やりがい重視なもんで。だから、そこで働く人は自分のスタンスと業界の位置づけを理解する必要があると思う。

やりがいを求めて、ボランティアするのは、目の前にある仕事にやりがいを感じられないから。それがそもそもの問題。それを解決したいな。と思うので、やりがいとビジネスの両立を目指して、ジタバタしてみる。それは誰かが作ってくれるものではなくて、自分で作るしかない。

第3回CMSビズ「オープンソースでビジネスする」

CMS

CMS nightからCMSビズに名前を変えてもう3回。CMSビズになってから初めて参加しました。

今回のテーマは、「オープンソースでビジネスする」です。

良いものをフリーで提供するオープンソース。その一方で業界価値を保ち、ビジネスしたい。この一見矛盾した2つが共存できるのか?普通に考えると成り立たないが、やりがいを求めて働く人たちはこの問題に向かいあうのです。

その答えは、自分のバリューと市場を見て、各自が確立するものだと僕は思う。手嶋屋さんはOpenPNESNSのミドルウェアと位置づけて、会場のみんなにOpenPNE上で動くアプリケーション開発にコミットしてくれと話していた。分かりやすいビジネスモデルだ。去年話を聞いたときよりも、より目的が明確になっていた。

あの話を聞いて、やはり各自が見つけるものだ、と思った。

システム開発のような知識労働の適正価格を決めるのは難しい。以下の開発作業の適正はいくらなんだろう?

  • 業界経験1年の人が20日で作れるシステム(1ヶ月50万単価)
  • 業界経験10年の人が5日で作れるシステム(1ヶ月100万単価)

オープンソースはそれを更にややこしくする。構築費用だけでなく、保守リスクもあるが、そんなところあまり気にせずタダだとみんなが使う。リスクが分からず、安さ勝負の人がコンペに参加してくると大変だ。
適正価格1000万の仕事に150万でコミットしてくる。150万で受注した人は土日も働いて頑張っている。そして、プロジェクトは失敗する。こんな状況をどう防ぐか?業界が壊れてしまう。
グローバル化はさらに話を複雑にする。物価の安い国で土日休まないヤツがガチンコで勝負してきたら、どう戦うのか?これが僕がずっと感じているグローバル化の不安だ。

ちなみに、先日参加したインバウンドセミナーではJTBエイティーシーという会社が旅行業を守るためには法規制するしかないと言っていた。業界は違ってもどこでもグローバル化による業界の危機が起きている。規制がない自由競争では、物価が高い国に住んでいることがデメリットになりえる。

オープンソースとビジネスの共存は簡単ではない。