読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会起業家を考える - マイクロソフトでは出会えなかった天職のレビュー

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

社会起業家のところに並んでいたので読んでみた。3回ぐらい泣いた。働くことを考える人には、是非読んでもらいたい本。

マイクロソフトの重役だった主人公ジョン・ウッドが休暇をとってネパールのトレッキングに参加。そこで、ネパールの厳しい現実を目の当たりにする。たまたま立ち寄った地元の学校では、どう見ても定員35人の教室に70人の生徒たち。案内された図書館には、わずか数冊の本しかない。

彼はマイクロソフトを辞めて、社会起業家になった。途上国の教育機会を支援する組織「ルーム・トゥ・リード(Room to Read)」のCEOになり、途上国に本を送り、図書館を設立する。

そういう話。興味ある方はサイトや本を見てみてください。

このプロジェクトにコミットしてみようと思います。不要な本を送ります。

P246
世界を帰る手助けをするために自分の人生を少し変えてみようと思っているなら、僕の心からのアドバイスをひとつ - 考えることに時間をかけすぎず、飛び込んでみること

このセリフ、もう何年も前から染み込んでいます。大きなはけ口が見つからないので、いろんな人に会い、いろんな本を読み、やりたいことを絶対することが今のミッション。この本を読んでネパールに行きたくなりました。