読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスメディアが力を失った時代に何を信じるか、インフルエンザA型(H1N1)情報

インフルエンザA型(H1N1)の危険度が分からん。今月にカンボジア、ベトナム、中国に行く予定です。行くべきか行かざるべきか?豚インフルエンザに関する情報でアップデートされるのは感染者数だけなので、なんとも状況判断が難しい。このニュースに対して、…

IT業界は忍耐の時期

投資家はもうIT業界に投資しない。つまり、キャッシュが入ってこない中でどう耐えるかがこれからのIT企業のミッション。切ないがこれが現実。。チャレンジではなく忍耐。では、銀行からお金を借りてた会社は、というと。 同様に借りれなくなっちゃってる。…

中国へTシャツ発注して文化差を痛感。品質に対する価値観の違い

個人でTシャツ作ろうと思って、はじめて中国とやり取りをしてるが、結構大変だ。 趣味での制作だし、中国の友達への依頼です。それでもこんな大変なんだから、仕事でやり取りしたらもっと大変なんだろう。 趣味のネットラジオ、アリガチポッドキャスト ほん…

長所を伸ばす or 短所を克服する?

オシムの本を読んだ後に、NUMBER 727を読んだら、大久保嘉人がインタビューに答えていた。冒頭での彼の叫びは 「俺だってFWをやりたいよ。」 彼は今ドイツに行ってて、らしくないプレーをしているそうだ。彼らしいプレーというのはアグレッシグなプレー。点…

組織の最適化?個人を伸ばす?「オシムがまだ語っていないこと」のレビュー

オシムの本は面白いから見つけたら必ず読む。新鮮さはなくなったけど、気になったところが2箇所あった。 P67 かつてトップ下の位置に強くこだわっていた中村俊輔でさえ、「どこでも対応する準備ができている。 監督の要求に応えるのが一番」と答えるようにな…

NetCommonsのセミナーでCMS調査

CMS

ネットコモンズは国立情報学研究所が作ってるCMSで、情報共有基盤システムって言われてる。先輩がコミットしてるのもあって、ちょこちょこ情報が入ってくる。なので、気分転換でセミナーに参加してみた。デザインの自由度がどうしても気になるが、そういうの…

選択理論でのスタッフの動機付け

ボクはウェブディレクターをやっていて、モチベーションや組織には強い関心がある。 先日、モチベーションの件でマズローの段階的欲求の話を書いたら、選択理論のほうがしっくりくるよ。って言われたので調べてみた。そしたら、しっくりきたから選択理論につ…

IT関係者のモチベーションを考えたら、マズローの欲求5段階説って日本では違う気がした

有名なマズローによって提唱されたモチベーション理論。 人間の欲求は5段階に分類されて、低次元の欲求が満たされれば、さらに高次の欲求を満たすべく行動する、という考え。5段階の分類は以下の通り。 自己実現欲求:自己の存在意義を実現する欲求 自我欲…

中国人夫婦から見た日本のイメージ

すごく面白かったのでメモ 日本は大好きだから住みたい。 自分の子供は日本で教育受けさせたくない。弱者になるから。 日本では世界のことを知りにくい。 中国は日本から仕事を奪ってるが日本人は気づいてもいない。 中国の若者はすごいエリート教育を受けて…

状況判断のスピードの大切さ

サッカーのプレーの際に、判断スピードはとても重要。 動きが遅くても、判断が早ければカバーできる。でも、これって仕事でもいっしょですよね。 何かを決めるときに、情報がないと決めれない。 では、情報収集に力を入れるのか、持ってる情報で判断するのか…

マネジメントとファンタジーは共存できるか?

ウェブディレクションをやってると人のご機嫌取りが仕事みたいになってくる。 そして、合理的に物事を進めようとする。これはボクの勝手な意見だが、合理的を追及するとサッカーが下手になる。 堅実な発想からはやはり堅実なものしか生まれない。 精度が高い…

名刺には業界経験が何年かを入れよう。

正しいジャッジをするために名刺にはIT業界10年、とか入れませんか?社会人を10年以上やってみて、社会にはアマチュアばかりなのを知った。 業界内の実力差は本当にすごいある。 単純にこの業界で10年働いている人と1年だけの人が同じフィールドで戦っている…

2009年はウェブディレクターブログを絶対に書く

2009年になりました。今年の目標の1つとして、このブログを開始します。 今までウェブディレクターとしてサイト構築をずっとやってきました。サイト構築してきて感じたことを必ずまとめます。キーワードは 組織をマネジメントすること サッカー監督とディレ…

ウェブ業界は体調不良になりがちな業界?

今まで所属した会社に結構あるのが、体調不良で遅刻、欠勤が多いこと。 社会人なりたての時にはありえなかったけど、最近はこの業界では普通なのかな。と思うようになってきた。遅刻しても罰則ないし、罰則ないなら遅刻したほうが得となるのかな。 あとは、…

継続は力

久々の更新。ホノルルマラソンに向けて週末は皇居を走ってます。皇居は1周が5キロです。今日は4周だから20キロ走りました。ホノルル行きたいけど、仕事休めるかなあ。今日走って痛感したのは継続することの大切さ。当たり前のことなんだけど、マラソン…

ウェブディレクターという仕事

プロジェクトにはいつも問題がある。だからディレクターが必要だ。問題がないプロジェクトにディレクターは必要ない。そういう仕事だと自覚する必要があると思う。ややこしいから自分が必要だし、そのややこしい中で結果出すのがお仕事。要件、リソース、コ…

ウェブ制作における制作リソースを持つメリット・デメリット

ウェブ制作に関わる仕事について思う。 いろんな会社に所属した。そして見て感じた。 いつも同じような問題をどこの会社も抱えている。業界が成熟してないのだろう。ウェブ制作を行う場合、制作に重きを置いた会社だと、内部のスタッフはデザイナーをはじめ…

ウェブ制作に規模の経済は働くか?

大量生産するようなプロダクトを開発するとき、規模の経済が働く。 しかし、受託モデルのウェブ制作のときはどうだろうか。人数を増やしても、組織が分割されてパラレルで動くだけだ。そうすると管理コストがかかり、フットワークも悪くなる。ウェブ制作会社…

ウェブディレクターブログはじまり

ブログのテーマはあまりにバラバラなのです。ウェブディレクターとして仕事をしてて感じることをまとめないといけないと前々から思っている。そうするとはてながいいかな。と思うわけで。はてなダイアリーの使い方がまだよく分かりません。続くか心配だけど…